Friday, September 18, 2015

白老チェプ祭

19日は、白老チェプ祭に参加するため再び白老を訪れました。


まずはじめに、イオル空間の中にあるチセでのカムイノミに、島田代表、ベンサムさん、ケイトさんが参加しました。




続いて、平取ウポポ保存会によるステージパフォーマンスの後、マオリゲストのお二人による歌と踊りが披露されました。先祖がワカ(舟)でやってきた歴史の歌と言語の美しさ、大切さを歌う歌が披露されました。



ベンサムさんによる力強いハカの踊りと共に、ケイトさんからは言語はマオリにもアイヌにも自分が自分であるために大切であり、復興が求められているとのメッセージが贈られました。

また、マオリ語の母音を歌とウィリウィリ(手をヒラヒラさせる動き)で会場の皆さんと参加型で楽しく教えてくださいました。

その後は、鮭の豊漁に感謝して、鮭の炭火焼きとチェプオハウ、いなきびごはんを美味しくいただきました。





最後に、島田代表からケイトさんにアイヌ文様の刺繍が入った着物が贈られました。先日、小山洋子さんと菊池照子さんに頂いたテクンペとマタンプシとあわせてマオリゲストのお二人もアイヌ衣装が揃いました。







No comments:

Post a Comment