Saturday, February 3, 2018

アオテアロアアイヌモシリ交流プログラム2018スタート!

今日から10日間のプログラムが始まりました。

オークランド国際空港に無事到着し、アオテアロア大学マヌカウキャンパスへ行きました。空港では、2013年に私たちをホストしてくださったAMOのケイト・チェリントンさんと息子のタフアロアさんに出迎えていただきました。

アオテアロア大学ではマネージャーのダリーン・サイアさんに校内を説明してもらいました。同じく私たちのホストであるAMOのベンサム・オーヒアさんの名前がついたホールもありました。

午後からは、ケイトさんのワークショップでこの10日間の旅への期待などを全員で話し合いました。その後はケイトさんとベンサムさんの娘のトゥアコイさんに彼女の経験してきたテ・コーハンガ・レオ(言語の巣:マオリ語イマージョン幼稚園)やパケハ(白人)の学校の話をお聞きし、参加者から言語とアイデンティティの結びつきや、話せない人が言語を学びたいと思う動機、第二言語として学ぶ難しさについてなど 質問が相次ぎました。

今回のアオテアロアアイヌモシリ交流プログラムのTシャツを着た参加者たち









  
 

No comments:

Post a Comment